駐車場経営 利回り

MENU

駐車場経営の利回りは?

駐車場 経営 初期費用

 

駐車場経営をしたいと考える人は多いものの実際に気になるのは利回りですね。

 

駐車場経営には多少なりともお金がかかります。
お金をかけた分だけ利益がないと損をしてしまいますよね。

 

ここでは実際に駐車場経営をした場合の
利回りについて考えていきたいと思います(*^^*)

 

 

表面利回りと実質利回り

 

駐車場経営って儲かるの?
土地活用を考える人が一度は思うことですよね。

 

土地がどのくらい有効に活用されているかを計る指標として
「利回り」という考え方があります。

 

そんな気になる利回りには実は「表面利回り」と「実質利回り」があるんです。

 

「表面利回り」は年間の総収入を物件価格で割り戻した数字なので
差し引かれるものが含まれていません。

 

それに対して「実質利回り」は年間の総収入から
管理費や税金など全ての経費を引いた数字です。

 

いわゆる年間の「純収入」を物件価格と購入時の諸経費の合計で
割り戻した数字を表しています。

 

計算式は以下の通りです。
・表面利回り(%)=年間総収入÷物件価格×100
・実質利回り(%)=年間純収入(年間総収入−諸経費)÷(物件価格+購入時の諸費用)×100

 

同じ利回りでも諸経費の額によって差が出るので注意が必要です。
そして駐車場経営など事業を営む場合は、事業全体の利回りが重要になります。

 

注目すべきは「実質利回り」ということになりますね。

 

 

駐車場経営で実質利回りをあげていくには?

 

利回りをあげていくには土地活用を始めるさいに、なるべく予算を押さえて始めることが重要です。

 

例えばマンションを経営したいと考えた場合には
マンション自体を立てなければいけませんし、周辺も整備する必要があります。

 

そうなると総額でかなりの初期費用がかかることになります。
しかし実際に経営を始めてみると空き室が多くて利益にならない、なんて事態も起こりかねません。

 

それに対して駐車場経営の場合は初期費用が抑えられるのが特徴です。
更地に砂利を引いて仕切りを作れば立派な駐車場になりますよね。

 

もう少しお金をかけてコンクリートに塗装したとしても
マンションを建てるのに比べれば少ない費用で可能です。

 

しかし月極駐車場では立地によっては空きが多くなる可能性があります。
そんな心配を軽減してくれるのが「コインパーキング」です。

 

コインパーキングなら駅から遠くても望みはあります。
例えばマンションが多く立つ住宅街であれば、駐車場を求めている人がいます。

 

観光地や商業施設のそばであれば、利用されることが増えるでしょう。

 

こうした条件を満たすことで抑えた経費で始めることができますし
収入も十分に得ることができるので「利回り」は上がるのではないでしょうか。

 

 

駐車場経営を成功させるコツとは?

駐車場経営はきちんと調査して的確に運営をすれば、高い収益をあげることができます!

駐車場経営

 

成功する駐車場経営をしたいのであれば、どの位収益が見込まれるのか?
相場はいくらなのか?などきちんとした知識が必要になります。

 

ぜひこちらのページも参考にしてみてください^^

 

駐車場 経営