MENU

駐車場経営で土地活用したい!収入の見込みは?

駐車場 経営 収入

空き家を解体した後の土地や手つかずでほったらかしの土地
これらを活用するために駐車場経営を考える人が増えています。

 

ただ空き地にしておくより有意義に使えるとは思いますが
果たして駐車場にした場合の経営はどんな様子なのでしょうか。

 

実際に駐車場を経営する場合のメリット、デメリットや
どのくらい収入があるのかなどを調べてみました(*^^*)

 

 

駐車場経営のメリット・デメリット

 

空いている土地を駐車場にして経営しようという考えは
とても効率的に見えますよね。

 

空いている土地を活用できるばかりか、収入も発生します。
一見、良いところばかりに見えますが、実際のところはどうなのでしょう。

 

メリット

 

駐車場経営の最大のメリットは初期投資が少なくて済むことです。
平面駐車場であれば「初期費ゼロ」でも活用が可能です。

 

マンションや他の建物を建てる活用に比べると投資額は大きく押さえることが可能です。
また駅から近い、遠い関係なく高いニーズが見込めます。

 

マンション経営やオフィスビル経営の場合は
住宅地区に指定されている場所では活用できないことがあります。

 

駐車場の場合、用途地域制限の規制も受けないので
大規模なものや立体式駐車場でない限り、住宅用地でも経営可能です。

 

また駐車場からマンションへの経営の転用がスムーズにできます。

 

アパート・マンションなどで借家権契約を結んだ場合
「借地借家法」により、他の用途への転用は困難になるのです。

 

様々な選択肢を残したまま、収入を得られるのは大きなメリットですね。

 

デメリット

 

デメリットとしてあげられるのは、税制上の優遇措置がほぼないということです。

 

アパート・マンション用地と違い、「住宅用地」にはなりませんので、
固定資産税や都市計画税の軽減の対象になりません。

 

相続税評価についても「貸宅地」や「貸家建付地」による評価減は受けられないので
更地と同じ評価になります。

 

支出を伴わない必要経費が少ないので所得税が課税される部分もそれだけ大きくなります。
結果、支払う所得税の負担が大きくなります。

 

 

駐車場経営の収入はどのくらい?

 

駐車場経営で気になるのはやはり、収入面ですよね。
実際に駐車場経営をしている場合の、収入例を見ていきましょう。

 

コインパーキングの場合

 

誰でも利用できて停車している時間で金額が決まるコインパーキング。
この場合は立地や停められる自動車の台数により変化します。

 

 

5台停められる小規模な駐車場では月に20万円、年間240万円。
10代停められる中規模な駐車場では月に50万円、年間600万円。

 

更に、36台停められる大規模な駐車場では
月に115万円、年間で1860万円もの収入を得ることができます。

 

月極パーキングの場合

 

月極パーキングは停められる台数よりも立地に影響を受けるパターンが多いです。
また、駐車場に空きがある状態の場合は、思うように収入を見込めない場合もあります。

 

駅前で立地が良く駐車場に空きがないくらいになると
収入は月に200万円、年間では2000万円を超える場合もあります。

 

しかし駅から遠く、中々借り手がつかない駐車場になると
月に10万以下、年間100万円未満と雲泥の差が出てしまいます。

 

収入を考えて駐車場経営をするのであれば
立地条件や使ってくれそうな顧客のことをを良く考えた方が良さそうです。

 

コインパーキングが、月極パーキングか、この選択肢を間違えると
収入は大きく変わってしまうことを頭に入れておきましょう。

 

 

土地活用ならまずは相談から

 

土地活用を考えているのであれば、まずは土地活用のプロに相談しましょう。
土地の状況や立地条件によって様々な活用法を提案してくれます。

 

その土地にあった活用法を知ることは
その後の収入に大きく関わってくるといっても過言ではありませんよ(*^^*)

 

 

駐車場経営を成功させるコツとは?

駐車場経営はきちんと調査して的確に運営をすれば、高い収益をあげることができます!

駐車場経営

 

成功する駐車場経営をしたいのであれば、どの位収益が見込まれるのか?
相場はいくらなのか?などきちんとした知識が必要になります。

 

ぜひこちらのページも参考にしてみてください^^

 

駐車場 経営